安全への取り組み

クレハ運輸グループは、「物流品質を高めて、安全で豊かな社会づくりに貢献する」を実現するため事故削減への取組みを強化し、社会や顧客の信頼に応えます。

1.法令・規則の遵守

運行管理、交通ルール、法定点検の遵守は会社の義務であり、ルール違反を撲滅します。

2.チームワークと成果主義

班活動を通してドライバー(乗務員)一人ひとりが安全行動を注意喚起し合う風土づくりと配車担当者、運行管理者、点呼者、運行管理指導官の責任を重視し、安全運行に関する正確な情報を指示します。

点呼者への業務指導

配車、指導官との相互確認

3.ドライバー手帳の活用

ドライバー(乗務員)は、配車担当者、運行管理者から受けた安全指示をドライバー手帳へ書き留め作業時のヒューマンエラー防止に役立てます。

ドライバー手帳

ドライバー手帳の活用

4.技能・技術の鍛練

車両点検整備や荷卸現場で安全に作業が行えるための技能および技術を習得させるため、実技教育を繰り返し実施しています。
※安全教育ページ参照

▲ページのトップへ